【12月】沖縄本島・宮古島・石垣島・与那国島の海水温まとめ

こんちには、ハタです。

 

マリンスポーツの聖地、沖縄。

マスクとシュノーケル、フィンがあればできちゃうシュノーケリングは沖縄で人気。

普段ダイビングで海に慣れている方でも、沖縄の水温は地元ダイビングポイントとは異なります。

 

地元の海とどのくらい違う?

ウエットスーツは3mm?5mm?そろそろドライ?

何を準備したらよいのでしょうか。

 

この記事では、気になる沖縄の12月の海水温をまとめました。

沖縄でのダイビングやシュノーケリング、海水浴をするときの参考にしてください。

 

冬におすすめのダイビング用保温グッズをまとめました。

寒いのに弱い方は、水中カイロを準備するとよいでしょう。

 

ダイビングで怪我。シュノーケリングでもあり得る怪我です。

治すのに結構苦労したので、記事にまとめました。

 

12月の沖縄平均水温

沖縄の12月の海水温はどの程度なのでしょうか。

 

まだ温かい?そろそろ水温が下がってきた?

12月の沖縄の海水温をまとめました。

 

過去の12月の沖縄平均水温まとめ

沖縄本島(本部)、慶良間諸島、宮古島、石垣島、与那国島近郊の水温データを一覧グラフにしました。

 

使用したデータは1982年~2020年の39年分。

かなり精度が高いとおもいます。

 

沖縄の海水温のピークは7月下旬から8月中旬。

そこから徐々に下がり始めて、12月上旬には24~26℃。

 

12月の間に、1.5℃ほど下がります。

12月下旬になると、宮古島、石垣島、与那国島は25℃前後。

沖縄本島や慶良間諸島は23℃前後です。

 

【参考】伊豆(伊東)の年間海水温との比較

この水温は、伊豆だといつ頃の海水温なのでしょうか。

これは伊東の年間水温(2002~2008年平均)です。日本海洋データセンターより頂きました。

伊東の12月の海水温は15℃前後。

沖縄の24~26℃というと、伊豆(伊東)ではトップシーズンの海水温です。

ハタ
伊東と沖縄の海水温差、大きくなってきましたね。

 

データは沖縄気象台より入手

今回、情報を取得したのは、沖縄気象台の「沖縄海域の海面水温情報」。

 

過去3年分、1982~2020年、過去5年平均のデータが公開されています。

今回は最もデータの多い1982~2020年、39年分のデータからグラフを作成しました。

ハタ
海面水温ですので、ダイビングをする10~30mはもう少し下がると思います

 

ここからは、もう少し詳細データをみていきましょう。

 

12月の沖縄本島(本部)の海水温(最大、最小、平均)

沖縄本島(本部)近郊の海水温の平均と39年間の最高最低です。

伊江島や奄美大島もこのデータを参考にしてください

 

8月の沖縄本島の海水温はピーク。

9月になると徐々に下がりはじめ、11月末時点で24℃まで下がってきます。

12月の1カ月間では、24℃から23℃へ。

 

伊豆の8~9月の水温と変わりませんが、北風が吹くようになり、肌寒くなる時期でもあります。

ウエットスーツは5mmのほうがよいですね。

寒がりの方は、フードベストやインナーでコントロールしましょう。

 

奄美大島でのダイビング。

ダイビングログを書きました。

奄美大島は見どころがたくさんで料理もおいしい!

 

12月の慶良間諸島の海水温(最大、最小、平均)

慶良間諸島近郊の海水温の平均と39年間の最高最低です。

沖縄南部もこちらの水温を参考にしてください

 

9月上旬まで29℃以上だった慶良間諸島の海水温。

9月中旬から徐々に下がり始め、11月下旬には25℃を切ります。

12月は25℃から23℃へ。

 

この水温になるとウエットスーツは5mmが候補ですね。

冬の沖縄は北風が吹くようになり、陸地も寒くなるのでインナーを準備するのをお勧めします。

 

フードベストはシャークスキンがおすすめ

けっこう薄いのに、とても温かいと人気です。

 

12月の宮古島の海水温(最大、最小、平均)

宮古島近郊の海水温の平均と39年間の最高最低です。


 

9月上旬まで29℃を維持していた宮古島の8月の海水温。

9月中旬になると徐々に下がり始め、11月下旬には25℃になります。

 

12月になると宮古島は1か月間で1~2℃下がって24℃を割り込む日も多くなってきます。

 

12月はウエットスーツ3mmだと寒いですね。5mmの出番です。

寒さに弱い方は、インナーで調整しましょう。

 

12月の石垣島の海水温(最大、最小、平均)

石垣島近郊の海水温の平均と39年間の最高最低です。

 

9月上旬は安定して29℃以上だった石垣島の海水温。

それから徐々に下がり始め、11月下旬には25℃に。

 

12月は25℃から下がっていき、24℃を割り込む日も増えてきます。

海水温が低いときは22℃。

寒すぎるということはないですが、寒さに弱い方は防寒を心がけるとよいですね。

ウエットスーツは3mmだと少し寒い。5mmの季節に入ってきてます。

 

石垣島でダイビングをするなら、こちらをどうぞ。

石垣島がすべてわかります。

 

12月の与那国島の海水温(最大、最小、平均)

与那国島近郊の海水温の平均と39年間の最高最低です。

 

与那国島の海水温は、宮古島や石垣島と同じように9月上旬まで安定して29℃以上に。

9月中旬から下がり始め、11月末には25~26℃に。

 

12月はそこからさらに下がり、24℃付近になります。

そろそろヤツのシーズンですね。

 

ヤツとはハンマーヘッド。与那国島と言えばハンマーヘッドが有名です。

ハンマーヘッドが見られるのは11月からGWまで。

ハンマーリバーの幕開けです。

ウエットスーツは5mmがおすすめ。

 

12月の沖縄本島及び離島の海水温まとめ

12月の伊豆の海水温は、15~17℃前後になります。

それに対して沖縄の海水温は安定して23~26℃。快適な環境です。

 

沖縄本島は海水温が下がってくるので少し寒い。

そんな時は、フードベストの他にマジックヒーターやまじホなど温めるアイテムを使いましょう。

 

マジックヒーター

created by Rinker
TOOLS ツールス
¥935 (2022/10/01 15:17:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

水中カイロ「まじホ」

created by Rinker
有限会社アミューズファクトリー
¥3,040 (2022/10/01 15:17:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

詳しくはこちらでご紹介しています。

 

3か月後の沖縄の海水温なんてわからない・・・

そんなときは過去の平均データから推測するのが一番です。

もちろん直前にも確認してくださいね。

 

12月の沖縄は、徐々に水温が下がってきていますがまだまだ温かい。

いつ行っても潜ることができます。

12月になると台風に当たるリスクも下がるので、潜りやすさという意味では最もよい季節かもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事